ラオス語フォント インストール方法 (iPhone編)

ラオス語フォント インストール方法(iPhone編)

パーサラーオが打てるようになったよ〜

以前、Mac編(ラオ語フォント インストール方法(Mac編))として記事を書かせていただきましたが、今回はiPhone編をお送りいたします。

Apple社がiOS8をリリースし、この新OSからApple以外のサードパティ(Appleではない会社や個人)がフォントを提供することが可能になりました。

今までは、ラオス語のフォントがiPhoneにはインストールされておりませんでしたので、
これによりラオス語のフォント提供者がラオス語フォントの配布を開始しました。

インストール方法

まずはフォントデータをインストールする必要がありますので、
そちらをApp storeからダウンロードします。

App store からダウンロード

App storeで「Techno key」で検索を行います。

表示されましたアプリをインストールしてください。

このアプリをインストール

TOP画面に戻りますと、「Techno key」のアプリケーションがインストールされております。

インストール後

ちなみに、アプリを立ち上げますとこんな感じにになっております。

キーボードの細い設定などはこちらで行います。
特に「キーボードでラオ語で入力」の目的ではそれほど関係ないので、iPhoneで使用が
できるようになりましたら、色々と試してみていただければと思います。

アプリを立ち上げるとこんな感じ

続きまして、実際のキーボードに反映させる為に、設定を行う必要があります。

設定」を立ち上げてください。
設定を立ち上げる

一般」を選択します

一般を選択

続きまして、「キーボード」を選択

「キーボード」を選択

キーボード設定画面に入りますと、「新しいキーボードを追加」がありますので、

こちらを選択

「新しいキーボード追加」

新しいキーボード追加画面の入り、少し下に遷移しますと、

他社製キーボード」項目があり、先ほどインストールしました、
Techno key ラオ語」が表示されておりますので選択。

「Techno key」がでてきております

さて、これにてインストール完了になります。
元のキーボード設定画面に戻りますと、すでにラオ語フォントがインストールされているのが確認できるかと思います。

追加されているか確認

実際に使ってみる

使い方は通常の他言語と同様に使えます。
画面上にキーボードが出来てましたら、言語変更ボタンを選択してください。
ラオ語が追加されているのが確認できます。
ラオス語を使うときはこちらを選択

これで、メールでも検索でも何をするときでも直接ラオス語を打つことができる様になりました。

私自身はまだまだ言葉自体を覚えている段階でした、使用することはまだまだ
ありませんが、日常使用されている方にはかなり朗報になったかと思います。
まだまだラオス語に未対応のデバイスがありますが、そちらも徐々にではございますが、
紹介できるようにしていきたいと思います。

それでは。

バンコク・スワンナプーム空港 その他(5F)

特別編

前回まで、4Fのチェックインカウンターまでのスワンナプーム空港の各フロアをご紹介させていただきました。
さて、実はスワンナプーム空港、行く人はとても少ないかと思いますが、「5F」が存在します。
時間の有り余っておりました、私はその5Fまで行ってまいりましたので、おまけ編として、ご紹介させていただければと思います。

主な施設:航空会社オフィス、観覧デッキ

5Fはそれほど広くなく、スワンナプーム空港の非制限エリア内では、最もエリアが狭いところであると考えられます。
5Fの一部分は、制限エリア(出国エリア)へと進むための、
セキュリティチェック部分でありますので、本当にわずかな部分のみとなります。

アクセス方法は、中央付近にありますエスカレーターは前述のセキュリティチェックエリアへと進むところとなっておりますので、4FのPもしくはQカウンター付近、セキュリティチェック側にあります、「階段」または「エレベーター」で5Fへとアクセスしてください。

suvarnabhumi_5F
階段を登りますとチェックインカウンターが一望できます
suvarnabhumi_airlineoffice
このフロアでは、航空会社のオフィスが集まっております

suvarnabhumi_5F_directionboard
5Fから展望デッキへといけます

suvarnabhumi_5F_sloop
展望デッキまでのスロープをあがります

suvarnabhumi_5F_observationpoint
展望デッキです… すこし寂しいですね
suvarnabhumi_5F_unableobserving
ちなみに飛行機はあまり見えません 涙

いかがでしたでしょうか。
すこしおまけでしたので、短い記事となりました。
お昼などに見にくるともう少しクリアに見えるかもしれませんが、「展望デッキ」と呼べるには少し観にくいのではないのか?と思うほど、飛行機も見ずらかったです。
是非、お昼にアクセスしてもらえればと思います。
ちなみに、5Fですが空調の数が少なく、また空気対流によりかなり暑いです。
長時間はいるのは少し危険ですので、気をつけて下さい!

  • バンコク・スワンナプーム空港 B1F編
  • バンコク・スワンナプーム空港 1F タクシーフロア
  • バンコク・スワンナプーム空港 2F 到着フロア 
  • バンコク・スワンナプーム空港 3F レストランフロア
  • バンコク・スワンナプーム空港 4F 出発ゲート
  • バンコク・スワンナプーム空港 噂の空港職員レストラン Magic Food Point
  • バンコク・スワンナプーム空港 5F? おまけ ←今この記事!

バンコク・スワンナプーム空港 噂の空港職員レストラン Magic Food Point

職員食堂「Magic Food Point」

さて、3Fのレストランフロアの記事にて、スワンナプーム空港のレストランの一部を紹介させていただきましたが、ほぼ全世界共通かと思いますが、ここのレストランフロアも
いわゆる「空港料金」を採用しております。
ですので、街中で食べるよりもファーストフードなんかもすごく高いです。
「空港だから仕方ないか〜….」と思ってしまうのですが、あしからず。

ここバンコクのスワンナプーム空港では一般のお客さんでも「職員食堂」が利用できます。
場所は1Fの西側(正面から空港内へと入った場合ですと最も右手側になります)に位置しております。

「職員食堂」ということもあり、価格もかなりお手頃価格。空港価格どころか、バンコク市内のフードコートレベルで、タイ料理を楽しむことができます。

入り口

MagicFoodPoint_entrance
こちらが入り口

クーポン購入

システムはタイの通常のフードコートシステムを採用しておりまして
まずはそれぞれのカウンターで使用することのできる、「クーポン」を購入する必要があります。
この「クーポン」はフードコートによっては、カード、紙と分かれますが、今回ご紹介します、「Magic Food Point」では紙システムになっております。
汚さないように気をつけてください。

MagicFoodPoint_conter
入って左手にカウンターがあります

MagicFoodPoint_couponcountert
クーポンカウンターと上にあります

MagicFoodPoint_coupon
こちらでチケットを買いましょう 1人100バーツ分(約350円)も購入すれば十分

ご飯をゲット

クーポンを購入しますと、奥に進みますとたくさんのお店が集まっております。
ほとんどはタイ料理ですが、ハラール料理やウェスタン料理が少ないですがあります。
また、ドリンクやデザートのお店などもありますので、チェックしてみてください。
多くのお店の料理の価格は50~100バーツ程度。

MagicFoodPoint_halalsop
ハラール料理のお店 野菜中心です 

MagicFoodPoint_noodleshop
こちらは揚げ麺のお店

MagicFoodPoint_fishballnoodle
タイでよく見かけるすり身団子のお店 他のメニューもあり

MagicFoodPoint_unknown
こちらもヌードルだったかな?

MagicFoodPoint_chickennduck

MagicFoodPoint_noodleshop
ヌードルはたくさんあります

MagicFoodPoint_chickerice

MagicFoodPoint_tomyum
みなさん大好き トムヤムのお店もあり

MagicFoodPoint_friedriceshop
こちらはなんだかいろいろあります(中華)

MagicFoodPoint_chickerice
カオマンガイもあり

MagicFoodPoint_gapao
ガパオもあり

MagicFoodPoint_sweets
スイーツコーナー

MagicFoodPoint_drink
飲み物はこちらで

MagicFoodPoint_otherdrinkshop

MagicFoodPoint_pearltea

MagicFoodPoint_mysupper
この時は魚をチョイス タイ語がわかればメニュー名がわかるのですが、55バーツ

こちらのフードコートですが、それぞれ数字がふってあり、写真で掲載しているので、
「これこれ!」と言えばある程度は通じますが、お店のおばちゃん、おっちゃんは英語のできる方はほとんどおりません。 
指差しor英語で数字で言えば注文は可能ですので、一度トライしてみてはいかがでしょうか。

バンコク・スワンナプーム空港 4F 出発ゲート

4F 出発ゲート

主な施設:

  • 郵便局案内カウンター
  • チェックインカウンター
どこの空港もそうであると思いますが。出国手続きのあるところは、チェックインカウンターとなっております。
現在、LCC数社はもうバンコクのもう一方の空港ドンムアン空港を使用しておりますが、
Jetstar,Cebupacific, VietJetair, TIgerAir,Jeju air などなど外資系LCCは
スワンナプーム空港を利用していることが多いです。

そして、アジアのハブ空港ということもあり、チェックインカウンターの長さに驚くかと思います。

suvarnabuhmi_4F_wrapping
荷物ラッピングサービス

suvarnabuhmi_4F_thaiairbusinessclass
タイ航空の上級チェックイン

suvarnabuhmi_4F_thaiairfirstclass
スワンナプームはタイ航空のハブ空港ですので特別ゲートもあり

suvarnabuhmi_4F_specialcheckin
エコノミーとチェックインする場所が違いますね

suvarnabuhmi_4F_japaneseinterpreter
日本語の案内カウンターもあります

suvarnabuhmi_4F_vatvendingmachine
消費税還付カウンター こちらで消費税の還付が受けることができます

suvarnabuhmi_4F_postoffice
荷物がたくさんある場合は、こちらから日本へとおくることもできます

suvarnabuhmi_4F_specialgate
通常のレーン以外にこういったゲートもあります

バンコク・スワンナプーム空港 3F レストランフロア

suvarnabuhmi_ariport_series

3F レストランフロア

suvarnabuhmi_3F
主な施設:
  • レストラン
  • カフェ
  • マッサージ

3Fは主に出発待ちの旅行者対象のお店が多く、 多くはレストランとカフェが軒を連ねております。タイ料理、西洋料理、ファーストフード、日本食に至るまで、

この3Fにて楽しむ事が出来ます。

suvarnabuhmi_3F_massage
マッサージのお店

suvarnabuhmi_3F_massage_pricetable
値段は少し高め。しかし日本と比べると破格。
suvarnabuhmi_3F_lounge
有料ですがラウンジもあります プライオリティパス等は使用不可

suvarnabuhmi_3F_bluecupcoffee
カフェも沢山あります
suvarnabuhmi_3F_starbucks
スターバックスもあります

suvarnabuhmi_3F_coffeebeans
アメリカ系の大手Coffee Beanも入っております

suvarnabuhmi_3F_tatecafe
カフェはたくさんあります 時間を潰している人が多いですね
suvarnabuhmi_3F_kinrestaurant
日本食レストランもあり
さて、このフロアにて興味深かったのが、「お坊さん」専用の待合室が設置されております。
敬虔な仏教徒が多いタイならではの施設であると思います。
suvarnabuhmi_3F_monklounge
お坊さん専用待合室
suvarnabuhmi_3F_prayersroom
多くの国から旅行者がくるため、ムスリム用祈祷室もあり

suvarnabuhmi_3F_halal
どこでハラールフードが食べられるかなどの案内もあり
ムスリムフレンドリーですね。

suvarnabuhmi_3F_hospital
スワンナプームには、空港内病院があり
結構目立つ所にあるのは珍しいですね

suvarnabuhmi_3F_laoairlineoffice
おまけ ラオエアラインのオフィスも3Fです笑 

バンコク・スワンナプーム空港 2F 到着フロア

2F 到着フロア

suvarnabhumi_2F

2Fはバンコクスワンナプーム空港に到着し、凄く長い長い入国イミグレーションを抜けた先がこちらになります。

主な施設:
  • 通信会社カウンター(SIM入手)
  • インフォメーション
  • コンビニ

2Fはそのほとんどを、制限エリアが占めているので、それほどスペースが他のフロアに比べありません。
到着後に必要な情報を集める為のモノがあると言った感じでしょうか。
最も重要なのではSIMカードの入手。市内のコンビニなどでも入手は可能ですが、

意外と英語の通じない場面が多いバンコクでは、SIMカードは空港で入手するのが

無難かと思います。
タイの大手通信会社3社 TRUEMobile, AIS,DTACのSIMのサービスカウンターがあります。
タイでは凄く通信料などが安く、市内にも比較的お店にWi-Fiがある事が多いのですが、

動きながら通信を行いたい。特にマップを使ってどこかに行く場合は常に通信ができる環境があった方が良いかとお思います。

1週間滞在でも1,000円強程で無制限使用可能ですので、かなりリーズナブルです。
また、バンコクで過ごす方です、各通信会社が市内に「これでもか!!」という程に
ユーザー向けWi-Fiを設置しておりますので、タブレット愛好者にもオススメです。

suvarnabhumi_2F_leftluggage
もしカバンの受取に問題があればこちらに

suvarnabhumi_2F_touristpolice
観光客のトラブルに特化したTOURISTPOLICEがあります

suvarnabhumi_2F_seven
2Fにもコンビニあり

suvarnabhumi_2F_truecoffee
到着する方を待つ人の為に、コーヒーショップもあり

suvarnabhumi_2F_cardisplay
余ったスペースでは車を展示

suvarnabhumi_2F_travelinformation
旅行に関するカウンターがたくさんあります。
総合カウンターなど沢山ありますので、目的に合わせてカウンターを
利用してみて下さい

suvarnabhumi_2F_arrivalmonitor
最近、多くの空港に採用されてますが、
出口付近で誰が出てくるのか確認できるモニターです

suvarnabhumi_2F_truemove
大手の1社TRUEMove

suvarnabhumi_2F_trumove_pricetable
3Gながら1,000円程度で1週間SIMを購入可能
suvarnabhumi_2F_AIS
通信会社2社目 AIS

suvarnabhumi_2F_dtac
通信会社3社目 DTAC

suvarnabhumi_2F_hospitaltourisim
タイでは医療ツーリズムも盛んです
中東系の方から人気が高いとのこと

suvarnabhumi_2F_rentalcar
レンタカーをする場合にはこちらが配車カウンターになります

suvarnabhumi_2F_arrivalgate
どの時間帯でも沢山の人が待機しております^^ 

SIMに関しましては、場合によっては無料で配っている時があります。
そこにTOPUP(入金)すれば、使用出来る様になるので、観光客へのサービスが
本当に凄いなと毎度感服させられることがおおいです。
こちらでも両替カウンターがありますので、両替の心配要らずです。

バンコクスワンナプーム空港 

バンコク・スワンナプーム空港 1F タクシーフロア

1F タクシー乗り場フロア

BKK_1F

主な施設:

  • タクシー乗り場
  • バス乗り場
  • 観光案内
スワンナプーム空港に到着して2Fから1F降りますとこのフロアです。
夜便で「エアポートレールリンク」に間に合わない場合や、大人数いる場合は
タクシーでバンコク市内へとアクセスする方がいいかもしれません。
また、パッケージツアーなどでコンダクターの方と合流する場合もこちらに
バスターミナルがありますので、1Fを利用する事になるかと思います。
このフロアはバンコクへと到着した方などのブースや、待つ為のベンチが多い所です。
特筆すべきところは少ないのですが、唯一「社員食堂」があり、一般開放もされているので、そこではリーズナブルにタイ料理が食べる事が出来ます。

BKK_1F_publicphone
国際電話がかけることができます

BKK_1F_publicphone_monitor
利用している方はほぼ見た事ありません

BKK_1F_infomationmonitor
タッチパネル式の空港ナビ

BKK_1F_restspace
座席が多く、24時間開放なのでここで寝ている
バックパッカーも多いです

BKK_1F_information
観光の案内ブースなどがあります

BKK_1F_information_leaflet
リーフレット等もあり

BKK_1F_outside
外側に出ますとバス・タクシーターミナルと
パーキングへと抜ける道があります

BKK_1F_smolingarea
喫煙場所も外にあり

BKK_1F_taxiarea_guidance
英語標記しておりますので分かりやすいです。
シャトルバスはもう一方の空港ドンムアンへとアクセスできます。

BKK_1F_taxiarea
こちらはタクシー乗り場列に並び
配車係の人に行き先を伝え、目的地が記載された紙を
タクシードライバーに渡して下さい

BKK_1F_taxiarea_autoallocationsystem
自動配車システムも構築予定?

BKK_1F_taxiarea_controlmonitor
準備中ですができるとさらにスムーズになることが期待されます

BKK_1F_taxiarea_rows
ここでタクシーを待ちましょう

BKK_1F_taxiarea_preparing
自動配車システムはいつできるのでしょうか

BKK_1F_taxiarea_covenience
パーキングエリアにはコンビニもあり

BKK_1F_taxi
タクシーは凄い量が止まってますので沢山並んでいても
空港ではスムーズに乗れる事がほとんどです

BKK_1F_restroom
ターミナル内へと戻ります
真ん中に職員通路の様なものがありますが通り抜けは可能です
トイレもこの間にあります。

BKK_1F_groups
団体のお客さんもこちらから出発することが多いです

BKK_1F_buscounter
長距離バスもここから乗る事ができる場合があります。
パタヤ行き等も出ているかと思いますので、カウンターで確認しみてください。

BKK_1F_foodcourt_magicfood
「Magic Food Point」職員食堂ですが一般利用可能です

空港のカウンターの方はほとんどの方は英語を流暢に喋る事ができますので、

何か困った事があれば、どのカウンターでもいいので聞いてみてもいいかもしれません。
職員食堂の「Magic Food Point」は別途紹介したいと思います。